スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

羅漢道場6「リポステスタンス検証」 

※日記は題名をクリックすると見やすくなります
 
メインクラスである、グラも
ついこの間、ようやく77Lvになりました
 
77Lv.jpg


ということで、今回の羅漢道場は
グラの77スキルに対しての内容を書いてみようと思います。
 
 
デュエリスト77レベルにおいて追加されるスキルは
・アイ オブ ハンター
・スキルマスタリー
・リポステ スタンス
の3種ですが。
 
今回はその中でも『リポステスタンス』に対しての記事を書きます。
 
 
このスキルはグラ固有のもではなく
ウォーリアー系統の職でほかに覚えることが出来る職が存在する
多職共有スキルです。
 
20060729033858.jpg
20060729033912.jpg

 
このスキル、個人的にはC4前からかなり期待していたスキルだったのですが。
どうも世間一般における評価が低く
某匿名掲示板等では、つかえないスキルとして扱われているようです
 
私としてはスキル効果内容からいって、決して使えないことはないという思いが
拭い去ることができなかったのでこの際検証してみることにしました。
 
 
【具体的なスキル効果】
■持続消費MP
 
ヴィシャススタンス同等
 
■攻撃速度、命中率、移動速度の低下率
(私の装備仕様でBUFF無しの状態での低下率)
 
攻撃速度  約25%減
命中率   約 3%減
移動速度  約 9%減
 
■ダメージ反射率
 
接近ダメージ 約33%反射
 
 
ここまでは、すでにいろんなところで情報が公開されています
しかし、ここからが本題
私が聞いていた情報と随分違いが見られました。
 
 
■DEBUFFの反射
 
~反射できるDEBUFFを検証~
20060729034921.jpg
クラメンに手伝ってもらい、いろいろなDEBUFFや魔法を検証してみました。
 
結論から言うと
すべてのDEBUFFを反射することができます
そしてこのDEBUFFの定義は
プレイヤーに対してネガティブな効果を与えるものすべてです
スタン(鈍器、盾、範囲などすべて)範囲魔法も反射可能でした。
スティングや、フリストヴォルテックス系統の魔法といった
ダメージ+追加効果 といった形のネガティブスキルも反射できます。

 
~反射条件を検証~
20060729035707.jpg

このDEBUFF反射は
『 プレイヤーにDEBUFFがかかった 』という条件を元に
一定確率で相手プレイヤーへDEBUFFを反射します。
相手が自分にかけたDEBUFFのうち、成功したものだけが
反射の対処になるということです。
 
簡単な例を出すと
メンタルがかかった状態でスリープをもらっても
スリープそのものが成功しないので
なかなか相手に反射することができません。
 
 
そして、この反射されたDEBUFFというのは
上にも書いた通り
『プレイヤーにDEBUFFがかかった』という情報そのものを
相手に反射するので。
反射に成功した魔法は相手に対して100%成功します
 
たとえば麻痺の反射に成功したなら
相手はDC重セットを着ていようがボスアクセを装備していようが
100%麻痺にかかります。
 
 
~DEBUFF反射率を検証~
20060729041103.jpg

某掲示板等では、リポステスタンスのDEBUFF反射率は
せいぜい1割~2割だと言われていました。
 

 
上記の、条件を元に
DEBUFF反射率を試行&再計算したところ

試行回数もまだ限られていますので確実な数値ではありませんが
鈍器スタン、スリープでは
DEBUFF反射率は約50%という結果が出ました。 
しかし 
盾スタン、ルーツに関しては
50%より全然低かったように思えました。
スキルによって反射のしやすさがあるのか
それともただの運なのか
なんともいいがたいところですが。
 
少なくとも、聞いていたより反射率は高いように思えます。


ここが、聞いていた情報との違いが最も大きかった点です。
 
 
■個人的なリポステへの考え
一部ではネタスキルとまで言われていたリポステスタンスですが
ステータス低下効果&持続消費MPは
決して優しいものではないものの
 
すべてのDEBUFFが反射可能
反射したDEBUFFは相手に対して100%成功
正確な計測は済んでいませんが
DEBUFF反射率は現状スキルによっては約50%
 

は、使いこなせば十分な武器になる可能性があり
 
接近攻撃33%反射
も、対戦相手や状況によっては有効だと思います。

トグルスキルということもあり
いままでのグラのスキルのなかで
もっともプレイヤースキルを要求するスキルだと思いますが
 
それだけに使いこなしがいもありますし
うまく使いこなせば
相手にとってかなりの脅威となることでしょう。
 
ネタスキルとするか良スキルとするかは
本人の鍛錬と腕次第ですね。
 
 
反射条件と、反射可能なDEBUFFに関してはほぼ
あってると思いますが
 
反射率に関してはまだまだ結論を出すには早い段階で
これからも検証していきたいと思います。
反射率もおそらく実際50%より低いものだとは思いますが。
新たな結果がわかり次第、リポステ第2弾の記事を書くかもです。
 
 
リポステスタンスに関して何か閃いた方
意見をお持ちの方、いらっしゃいましたら
是非お聞かせください・w・
ともに探求しましょう。
 

 
 
お わ り
 
 
 
~~小言~~
76~77、正直しんどかったです。
レベル上げにつきあってくれた友人、同盟員の方本当にありがとうございました。
 
一つ反省点があって、道のりがつらければつらいほど
その目標を望めば望むほど
目標の達成が目前になったとき、人は周囲が見えなくなります。
今回、レベルUP間近のレベリングの際に
自らの目標達成をあせるあまり
協力してくれた人に対する礼を欠いてしまった自分がいました。
 
本当に、情けない。
自分の未熟さをつくづく実感しました。
 
仲間あっての自分
 
そのことを、これからも
しかと心に刻んでいきたいと思います。 
 


[ 2006/07/29 04:45 ] 羅漢道場 | TB(0) | CM(12)

羅漢道場5 「次世代の剣闘士」 

※日記は題名をクリックすると見やすくなります 
 
 
今回は、クロニクル5におけるグラ(デュエリスト)
の仕様変更点&追加スキルについて
少し書いてみようと思います。
 
新スキル
【ウォーフレンジー】 
取得レベル:58  
スキル成長:スキルLv1~3 
スキル効果:自分のショック/睡眠攻撃に対する耐性を増加する。持続的にMPが消耗する。
 
C5におけるグラの追加スキルはこの一つだけです
しかもこのスキルはグラ固有のものではなく
ウォーロード・デストロイヤー・タイラント・バウンティハンター・ウォスミス
も覚えることができるようです。
実質的に、C5はグラの固有追加スキルは無いということですね(泣
 
そして、効果についてですが
消費MPはヴィシャスと同等程度で
ライオンハートと一緒に発動するとスリ&スタンにはほぼかからなくなる。
という情報が出てます。
 
現状、ライオンハートだけでも発動中は十分スタンやスリにかからない気もしますけど・。・
スキルの効果次第ですが、使えないスキルではなさそうです。
 
 
 
仕様変更点
【チャージスキルの仕様変更】 
 
以下は韓国情報の翻訳 

1、グラディエーターの場合スキル使用に必要な気力が1ずつ増加し、再使用時間が減少しました
 
2、スキル使用に必要な気力だけが、残っている気力から消耗します 
 
3、範囲型スキルの場合気力を消耗せずエネルギーストンを消耗するように変更されました
 
4、一定確率でスキルクリティカル效果が適用されました.(スキルダメージ2倍)
 
 
 
■1番目のチャージ消費量変更は具体的にはこうなるらしいです 
ソニックブラスター(気力消費量2)
ダブルソニックスラッシュ(気力消費量3)
トリプルソニックスラッシュ(気力消費量4)
バスター&ストーム (気力消費量0) 
※バスターとストームは消費0の代わりにエネルギーストーン3個消費
  
バスターとストームは大きな仕様変更ですね。
チャージスキル全般がディレイ短縮されるのもうれしいですね・w・ 
なお、威力はどのスキルも従来通りの気力量依存らしいです。 
 
■2番目の変更点は噂によると
今までは7チャージ溜めたあとにソニックスキルをうつと
すべて気力を消費してしまっていたのが
新仕様だと、スキルごとに決められた分の気力しか消費しないので
7チャージ後に
TSS(チャージ4消費)>DSS(チャージ3消費)や
ビーム(消費2)>DSS(消費3)>ビーム(消費2)
といった感じに(上のビームのはディレイ無視ですが)
連続で使ったり。
 
7チャージ>TSS>4チャージ>DSS>3チャージ>ビーム>...........
といった感じの従来の最速回転でも
すべてのスキルを7チャージ分の威力で打つことが可能になります。
この情報が事実なら、グラとしては大きな強化修正ですね。
 
 
■3番目は、もう説明したので省略します・。・
 
■4番目
TSSの2倍ダメージとかかなり楽しみですね~
でも、腕よりも運の要素で勝負が決まるような仕様にはしてほしくないですね・・・・。
C4ではレイジのクリが発動しないって話を聞いたんですけど
これもC5ではなおってるんでしょうかねー。 
 
【自己BUFFの変更点】
 
・デュエリストスピリット・
基本ディレイが3分から2分に短縮されたようです。
また、PvP時に与えるダメージが増加する効果が追加されました

 
ディレイ短縮によって、フルBUFF時に常時DSの状態を維持しやすくなったらしいです。
WCとタイミングがずれると、狩り中更に忙しくなりそうですね(。。;
PvPダメージ増加ってのがどの程度なのか非常にキニナルところろです。
 
 
【盾防御貫通スキル】
 
C5からいくつかのスキルに盾防御力を無視する効果が与えられました。
グラのスキルでは
トリプルソニックスラッシュ
フェイタルストライク

が、この仕様変更の対象です。
対戦相手によっては、スキルのMP効率がまた変わってきそうですね。
 
【弱体化修正】
 
ソニックレイジのディレイが若干増加されました
78でやっとのこと覚えられるグラにとって神スキルとも言える存在のソニックレイジが弱体化されました・。・
若干て、どのくらい増えたんでしょうね。
78で覚えれるんだし、レイジ弱体化する前にもっとバランスとるべきな存在はいくらでもあるだろうと思うんですがねぇ。
 
 
 
 
今私が手元にもっているグラのC5情報はこのくらいです
チャージ仕様の変更はかなりモチベUPですねー。
でも、どうしてもC5アップデート内容を全体的に見てみると
グラ以上に大幅強化されてる職ってのは全然いますけどね・・・。
 
レイジみたいな単純につよいスキルがぽてんと追加されるよりは
C5のチャージ仕様変更みたいにいろいろ自分で工夫のしがいがある変更のが楽しいですね。
 
韓国でもC5開始したばかりですし、開始していきなり大きな修正パッチも入ったようなので
日本にくるときに、どのような形になっているかは
まだ何ともいえませんけどね・。・
 
何か、新しい情報を得た方
新しいスキルの使い方をひらめいた方
是非お聞かせください・。・
 
お わ り

『日記見てくれた人』
20060607163203.jpg
アスさん、どうもありがと~・w・ノ
恥ずかしがらずコメントもください・。・
 
 
~~小言~~
なんでこう
無駄に長くなるのかな~@@;
今回はSSも使わずすっきり短く終わらせようと思ったのに(。。;
まぁ、なんにせよC5楽しみヽ(・ヮ・)ノ
 



[ 2006/06/07 16:27 ] 羅漢道場 | TB(0) | CM(6)

羅漢道場4「力の器:発動型武器OP」 

※日記は題名をクリックすると見やすくなります
ひさしぶりの羅漢道場です
 
今回は、グラディエーター(デュエリスト)以外の方が読んでも特別得るものがないかもしれません
  
クロニクル4が始まってだいぶ時間がたちました。
 
いまさらかもですが、公式に発表されたC4修正事項がこちらです
20060310114222.jpg

2項目の下線が引いてあるところに注目です。
 
一応、簡単に説明しますと
武器のOPの中には
・マジック ブレスザボディ
・マジック リジェネレーション
・マジック メンタル シールド
 
などの自分に対して有効なスキル(簡単いうと¥や自己BUFF)を使ったときに一定確率で上記のBUFFをかけてくれるというものが存在します。 
 
しかしC3までは、セルフスキル発動型OPのついた武器をもって自己BUFFをしてもその効果を得ることができない職がいくつかありそれがC4になって見直されたとのこと。
 
グラディエーターもBUFF型OP武器の恩恵を得ることができない職のひとつでした。
 
 
ということで、今回は
C3では発動しなかったBUFF型OP武器がC4では発動するのか? ということと
私なりのBUFF型OP武器への考え というのを書いてみたいと思います
 
 
まず最初に
■C4でグラはBUFF型OPを発動させることができるのか?
20060310120417.jpg

ノーブレスになったときに覚えることができるスキルにおいて、BUFF型OPが発動することはわりとよくきく話ですが、グラディエーター固有のBUFFではどうか?
 
ということで、クラン員の フォウさん からクリ杖OPマジックBtBをお借りして試してみました。 
 
グラディエーター(デュエリスト)の自己BUFFは
BUFF枠を使用しない ・フォーカスソニック(いわゆるチャージ)
BUFF枠を使用する ・ディテクトウィークネス系 ・ウォークライ ・バトルロアー ・ライオンハート ・デュエリスト スピリッツ ・アイオブハンター&スレイヤー があります。

アイオブ系統は、まだ覚えていないため試すことができませんが、BUFFOPを発動するために切り札であるライオンハートを使う意味があるのかと聞かれると疑問なので。
 
使用頻度の高いスキルと、BUFFOPが発動するまで連打が可能なスキルで実験してみました。
 
■検証結果
 
■自己BUFFの中で一番連続して使用することができるディテクトウィークネスを使用してみました。
 
結果は・・・
 
20060310122841.jpg

見事に発動しています
 
 
■続いて、ウォークライ
 
結果は・・・

20060310123042.jpg

これも発動してます
 
デュエリスト スピリッツ
 
ここまでくるとさすがにもう
 
20060310142036.jpg

当然のように発動します。
 
SSをとり忘れましたが、チャージでもBUFFOPが発動しました。

結果、C4ではグラディエーター(デュエリスト)もBUFF発OPを使用することができるという事実が判明しました。
 
 
■BUFF型OPの使い道と、自分なりの考え。
最後に、BUFFOPについて私の思うところというのを書いてきます。
 
BUFFOP武器がもっとも効果を発揮するのは PvP です。
戦争などでは外部BUFFがもらえるため、持っていても損はしませんが無ければ¥をもらえばいいだけの話です。
 
また、BUFF型OPの効果はその武器の強さに比例するので高い武器ほどBUFF効果も高いですが、反面コストもかかってしまいます。
 
では、グラディエーター(デュエリスト)が使用する場合に限定して
・マジック ブレスザボディ
・マジック リジェネレーション
・マジック メンタル シールド

それぞれについて私の考えを書いてみます

 
マジック ブレスザボディ
BtBはバトルロアーと違い、上昇するのは上限だけで増えた分のHPは回復しないところが特徴です。
ウォクラやシリエンナイトなどといった強力なドレインスキルを持った職が使うならまだしも。
HP回復手段に乏しいグラディエーター(デュエリスト)がBtBOPを使うことは正直微妙じゃないかってのが私の考えです。
 
バトロア回復+CPで戦っている間の自然回復を考えたとしても持つならクリ杖クラスのBtBで十分なんじゃないかって思います。
 
もっとも、それ以前に私はヘルス仕様なのでヘルス解除してまでBtB(クリ杖なら効果2)を発動させる意味があるかといわれたらもちろんNOです。
 
 
マジックリジェネレーション
HP回復速度を上昇させるリジェネレーションの効果をもつこのスキル。
詳しく、どの程度回復力が増えるのかは計測してませんが
この手のスキルは、長時間戦うことを前提に効果が得られるものだと私は思っています。
グラディエーターのスキルの特性からいってあまり長時間かけて戦うことに向いているとは思えないため
このリジェネレーションもかけたコスト通りの効果を得られるかについては疑問です。
 
 
マジックメンタルシールド
最大で、効果4のメンタルシールドを得ることができます(タブン
グラディエーター最大の弱点はそのMRの低さといっても過言じゃありません
スリープや、ルーツといった魔法で戦いのペースを崩されると一気に形勢が変わってしまうこともありえます。
 
それの対抗策として自己BUFFのライオンハートがありますが効果時間が短くディレイが長いため奥の手や、一発勝負といったギャンブル性の高い戦略としてしか使うことができません。
 
そういった意味で、短所をカバーできるこのBUFFOPは他のOPに比べもっとも恩恵を得ることができます。
 
また、私のようなヘルス仕様の人間が使う場合ヘルスを解除してまで使う価値があるか?と聞かれたら
答えはYesです。 
なぜなら、メンタルシールドが有効な相手、ヘルスが有効な相手というのは別であり。単純に使い分ければいいだけの話だからです(この辺は詳しく書かなくてもPvPしたことある人なら理解してもらえると思います)
 
以上が私の各OP武器に対する考えです。
(もちろん今後のひらめきでまた変わってくる可能性もありますが)
今のところメンタル武器以外は、さほど必要でもないかな~って感じです。
 
 
■最後に
これだけは、最後に言っておこうと思います。
問答無用、結果を出せねば意味がない戦いにおいてBUFF型OP武器を使い戦うことは私はなんとも思いません。
ただ、1VS1の戦いにおいてBUFFOP武器を使うことには抵抗があります。
 
「職本来の力ではないものにすがって勝ったあとに得るものは何か?」
 
と自問したときに、自分の求める対人スタイルとの差を感じます。
 
結果が大切な戦い
 
過程が大切な戦い
 
それぞれあると思います、ですのでBUFF型OP武器を使う際には相手の確認をもって使うことを私はオススメします。
 
対人を探求する者よ、高潔であれ。

 
今回はこのへんで終わり。
 
 
『日記を見てくれた人』
20060310135203.jpg
20060310135209.jpg
20060310135215.jpg
20060310135219.jpg

PTで一緒になった、Alhazredさん、クルシスさん
クラメンの、慶之(ケーシー)
前からのお友達のローたんが日記見てくれました。
くだらない日記ですが見てくれてありがとうございますm(__)m
よかったら、ちょくちょくコメントでも残してね@w@
 
~~小言~~
書こう書こうと思ってても
日記書き終わったころには
小言かく力残ってない罠なのですOrz
うぇうぇ



[ 2006/03/10 12:02 ] 羅漢道場 | TB(0) | CM(19)

羅漢道場3「草玉の剣 」(←ここをクリック) 

今回は、私のメイン武器である+4クシャンベルク*ダマスカスのOPがへルスであることから。
私のヘルス武器の使い方うんぬんについて紹介してみます。
(あくまで、個人的な考えとして読んでくれると助かります)
 
武器の持ち替えが激しいグラディエーターでヘルス武器を使うことへの疑問を持っている人も未だにいると思いますし、野良PTでもよくヘルス選んだ理由とかも聞かれることしばしばなのでこの機にヘルス武器への理解が深まればと思います。
 
まず、最初にヘルス武器の特徴を書いて見ましょう
■装備することでHPが25%上昇する
(以後のこの状態をヘルス状態と呼びます)
■ヘルス状態から、ヘルスオプションの無い武器へ持ち替えた場合ヘルスによるHP上昇効果は消える。
■ヘルス状態から、ヘルスオプションのついている武器へ持ちかえをした場合、HP上昇効果は維持される。
 
実際にHPの変動を見てみるとこんな感じです。
?ヘルス状態のHP
20051229030419.jpg

?武器変更によるヘルス状態の解除後のHP
20051229030610.jpg

?ヘルス状態解除後、再度ヘルス状態にしたHP 
20051229030735.jpg

 
グラディエーターにおいて、持ち替えで使用する武器は
・スタン用である鈍器
・自己BUFFやチャージ用である短剣
・人によってはFAや対人用の弓
などが上げられると思います。
 
鈍器はヘルスOPがつけれるのでまだしも。
弓や、短剣などを捨ててまでヘルス武器を装備することに価値があるのか?
というのがヘルス武器を選択肢からはずしているグラディエーターさんたちの考えではないでしょうか。
 
ヘルス武器を、狩りでも対人戦でも十分にその性能を発揮するには大まかにわけて二通りの扱い方をする必要があります。
そして、そもそも何かの武器を使うために他の武器を使用することをあきらめるという概念を捨てなければヘルス武器の力を引き出すどころかヘルスの力によって拘束されてしまいます。
(このへん捨てれずヘルスをあきらめてるor過小評価している方、多いのではないでしょうか。私も以前はそうでした。)
 
では、実際に私がしている使い方を対人編狩編に分けて紹介します。
 
PT狩り編
PTにおいてのグラディエーターのポジションは基本的には、アタッカーですが、構成によってはFAをする機会も少なくありません。
そこで、アタッカーの場合と、FAをする場合の特徴を踏まえた上で武器を使っていく必要があります。
 
FAをする場合、ヘルスによるHP上昇恩恵は複数モンスターからのBOX攻撃への耐久力上昇効果や、ビショップさんのリストア ライフの回復量上昇などの効果もあり無駄にはなりません。
 
アタッカーとして狩に参加する場合、HP量よりも火力を少しでもあげることが重要なのは言うまでも無いことだと思います。
なので、ヘルス状態を維持するために二刀のままBUFFしたり鈍器のまま
 
BUFFしたりするよりは素直に短剣でBUFFしたり弓を使ったりして少しでも火力や殲滅速度を上げる努力をしたほうがPTとして有益であると思います。
 
ヘルス二刀をもちながら短剣をつかったり弓を使ったりすれば上のほうで書いたようなHP変動が起きてしまうので。
私は、事前にヒーラーさんに了承を得るようにしています。
確認をとると、ほとんどのヒーラーさんは
 
「全然問題ないですよ~^^」
 
とか言ってくれますし
 
「そのへんのHP管理もヒーラーとしての腕ですよw」
 
なんていってくれる、頼もしいヒーラーさんも少なくないので
大変助かってますm(__)m
なんどか遊んだヒーラーさんとかだと、FAのときとかもHP変動の管理頼んだりしちゃいます(*ノノ)
(というか、ぷらださんの時だけかも?) 
 
なんだか、長くなってしまって結局何に気をつければいいのかよくわからなくなってしまったのでまとめてみると
狩のときの心得は次の2点!
 
■FAの時はまだしもアタッカーとして行動できる時は可能なかぎりヘルス恩恵を捨ててでも短剣BUFFや弓などを使う。
■HP変動が起きる場合は、事前にヒーラーさんの了承をとる。

 
たったこれだけのことでしたOrz
 
つづいて 
対人編
私がヘルス武器を選んだ理由は
あくまで接近戦を少しでも有利に運ぶためであり、ヘルス=対人万能武器という考えによる選択ではないことだけは最初に書いておきます。
 
ヘルス状態主軸として戦う場合(これは主にガチンコ対決のときですね)
ヘルス状態を維持するためにも、持ち替えのミスは基本的に厳禁です。
そして、チャージは鈍器で行いBUFFも鈍器で行います。
(チャージは短剣と比べると、遅くはなりますがちょっと遅くなる程度なので深刻な問題にはなりなせん)
 
しかし狩でも、対人でも共通して言える大切なことは
ヘルス状態に執着しないことです。
ヘルスは絶対的な武器ではありません
あくまでガチンコなどの耐久性能が大切な場面をより有利に運ぶためのものです。
よく、聞く話として
「ヘルス装備すると弓装備できないからなあ・・・」
ってのがあります。
 
なぜ、装備できないのか?
 
そもそも弓が必要な状況下においてヘルスは必要なのか?
エンタングルをかけられて、引き狩されてる時
ルーツ槍や弓で、ルーツ狩されてる時
ヘルス状態にこだわって、じーっと一方的にやられるか。
ヘルス状態を解除し、弓ですこしでも反撃に出るか。
どちらが良いかは一目瞭然だと思います。
  
1VS1の戦いにおいては、その対戦相手、相手の戦術、自分のおかれた状況に応じて適した武器を使う必要があるわけです。
・ガチンコのタフさが要求される戦い。
・上に書いたような弓が必要な場面
・瞬間火力を少しでもあげて、速く決着をつけなければならない戦い。
 
武器は、使う物であり使いこなすべき対象です。
武器に使われるようでは、いっそそんな武器などもたないほうがマシです。
ヘルス武器も同じで、ヘルスというOPに縛られない戦い方ができてこそヘルスを最大限に活かしているというべきだと私は思います。
 
あ~…またなんだか長くなって要点が分からなくなってしまった…。
 
え~っと、まとめますOrz
以下は、あくまでグラディエーターがヘルス二刀を選択する場合です。
■ヘルス二刀とヘルス鈍器は常にセット。
(スタンを封印し、二刀BUFF、二刀チャージをするぐらいならいっそヘルス二刀じゃないほうがいいでしょう。)
■ヘルス状態に束縛されないことが大切。
■ヘルスを捨てたほうがいい状況を見極めよう。
■ヘルス状態維持で戦う場合、持ち替えミスは厳禁。

といった、ところでしょうか・・・。
 
絶対書き忘れたこととかある気がしますが。 
以上が、私のヘルス武器に対する考え方と実践している使いかたです。
ヘルス武器の使用を視野に入れている方や、実際に使っている方の役にすこしでも立てれば幸いです。
+4クシャンベルク*ダマスカスについては、グラ仲間であるクライフさんのブログでも詳しく紹介されているので、興味ある方リンクから飛んでいけるので是非読んでみて下さい。
まあ、これ以上長くしてもあれなので今回はこのくらいにしましょう(・・` 
 
お わ り
 

~~小言~~
みなさん、あけましておめでとうございますm(__)m
今年もどうぞ羅漢と、このブログをよろしくお願いいたします~。
 
新年早々から、くそ文字多くて、くそ濃い内容の記事を書いてみました
書いてて思ったのは・・・わし文才なすOrz
考え付いたことを構成とか気にせず書きなぐっているせいでしょうなあ・・・。
まぁ、そのへん目をつむってやってください・。・;
 
ちなみに、わしは戦争クランの人間ではありません。
ですが、グラディエーターになったその時から
ずっと狩グラではなく対人グラとして育ってきました。
ですので、上のヘルスに関する文章を読んで
どうせ某掲示板のやつらと同じでレベルあげてやることなくなったから知識だけで対人を語ってるんだろとは思わないでくれると助かりますm(__)m
一応、実践と経験に基づいて書いています。
 
前回の石の文章同様、もっとこうするといいかもなんてアイディアあったら是非ご連絡を・w・
 
それでは、また次回。
[ 2006/01/01 22:23 ] 羅漢道場 | TB(0) | CM(9)

羅漢道場2「唸れ力の石よ!」(←ここをクリック) 

最近、なんの変哲も無い狩り日記ばかりだったので。
ひさしぶりに違ったものを。
 
それはずいぶん昔のこと・・・。
ある日ギランをいつものごとくウロウロしていたらふと頭の中に声が聞こえた・・・。
 
 
うぬは力が欲しくは無いか!?  
 
 
晴れ渡る青空の下。私はその声に導かれるようにギランの町にある小さな店へと入っていった。
20051208002031.jpg

そこで、私はあるものを見つける・・・。
そう・・・力の石・・・。
 
 
 
 
 
決して、彼ではない。 
20051208002607.jpg

名前:力石徹
解説:明日のジョーで主人公と激戦をくりひろげた人物。
   (読んだこと無いので詳しい事わかりません!)
 
私がその店で見つけたのは・・・
エネルギーストーン 
20051208003606.jpg
というわけで、今回はエネルギーストーンについてあれこれ書いてみようと思います。
(前置きナゲーヨ!! とかいうツッコミは無しの方向で。)
ちなみに使うとこんなフェクトが
20051208005903.jpg


 
グラディエーターや、タイラントのために作られたアイテムにもかかわらず、ほとんどのグラさんやタイラントさんが使わないこのアイテム。
知り合いに、この石に関して聞いてみても
「2までしかできないんでしょ? つかえんやんw」
とか
「金かかるし、対人でも消耗品使うのは気が引けるなあ」
って声もよく聞きます。
ですが、魔法職さんはSPSや祝SPSを使いますし、召喚ができる人はクリだって使いますよ?
グラやタイラントに石使うな!なんてわしゃ言えません・。・
(そりゃ、自分がグラだからってのもありますけど。別キャラのSKで戦うときキュビとか召喚しますからねぇ)
 
 
石のメリットとしてまず
・2段階目まで、MPを消費することなくチャージすることができる。
・スキルではなく消費アイテムなためモーションがない。
・移動、またはスキルなどの行動中にもチャージが可能。

などがあげれるかと思います。
グラはMP消費が大きく燃費の悪いスキルが多いため、可能な限りMP消費を抑えたいですよね?2回のチャージといえども毎回2チャージ目までを石で補うことでいくらかのMP消費軽減になると思います。
簡単にいえば、
5段階チャージの時間とMPで7段階チャージの威力がだせちゃう!
ってわけです。
また、ノーモーションで行えることから。一瞬で2チャージしかも移動中にできます。
これにより、足が前衛職中で見ても遅い方であるグラディエーターが相手を追いかけているときチャージをしなければいけない時間を短縮できるなどの、チャージによる行動制御を軽減できます。
どちらも、地味ですが。確実であり、必ず効果の出るものです。

次に石の使用上の注意点
・チャージするのは2段階が限界
・1~2までの間しか使えず、1~5をスキル6~7を石といった使い 方はできない。
・スキルのように、限界以上のチャージを自動でとめてくれない。
 (2段階目以降使うと、アイテムは消費するがチャージできない)
・金がかかる

といったところがあります。

私も正直、ネタアイテムだと思っていましたが。使ってみると案外便利なんです。
狩り中とっさにチャージが必要なときやビームFAをしているときのMP調節など使いどころを自分で見つければ案外便利です。
先週のギラン戦争のときも大いに使いました。
 
使う使わないは、個人の自由ですが。
この記事よんで、使ってみよう!と思った人のために(いればですが・・・)
私の石の使い方をすこし紹介します。

ショートカットにただアイテムをいれるのは正直お勧めしません。
無駄に使ってしまう可能性もあり、2回ポチポチ押すのって結構めんどくさいですよね。手間だし、それならスキル使ってもいい気がしてしまいます。
そこで私は石のチャージにおいてはマクロを使っています。
20051208011802.jpg

ショートカットの9ページ12個めに私は石を置いてあります。
こう組むことで、一回マクロを押すだけで2度すばやくチャージすることができます。(紹介するほどのことでもないような気がしますが・・・)
攻撃スキル発動後のチャージ武器への持ち替えの間に石を発動するなんてことも可能ですよ~。
 
これを少し応用してマクロを組むと
20051208012018.jpg

 
スキルの後に
DSS.jpg
(注:SSのスキルはダブルソニックスラッシュ)

そのまま自動で2段階チャージすることができます
20051208012215.jpg
スキル後の石発動タイミングは若干むらがある感じなのでラッキーチャージ程度に思ってもいいかもです。
持ち替えなどで先行入力する場合も結構ありますしね。

今回紹介したチャージ石ですが、無理に使う必要は無いと思います。
上に書いたように、使ったからといって劇的に強くなるわけでもありません。
ただ、持てる力を最大限引き出し、さらなる力の昇華を求める方。
ぜひお勧めです。
 
 

※こういう使い方があるかも?なんて意見あったら羅漢までWISくださいな・。・
                お わ り
 
 
『日記を見てくれた人』
20051208013727.jpg

知り合いの通称WWさんからWISいただきました。ありがとう~!
みなさんWWさんを見かけたらぜひ
「WWさんWWください~」といってあげましょう。
 
 
 
~~~小言~~~
ひさしぶりの羅漢道場第2弾
こういうの書いてるときは楽しいですね。自然とかけてきます。
もういう内容って、でも知ってる人からみたらくだらないんだろうなあ~って思ったりもするけどねw
 
普段ほんとはいろいろ考えたりデータとったりしてるんですけどね。


[ 2005/12/08 01:43 ] 羅漢道場 | TB(0) | CM(14)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。